がん転移に立ち向かう人へ|病の進行を防ぐ予防と対策

症状が出ている人は要注意

睡眠

睡眠時無呼吸症候群は寝ている時に出てくる症状の1つです。しかし悪化すると体調を崩す恐れがあるため、症状が目立ってきた場合は、早急に病院を受診し、症状の緩和を図りましょう。

More Detail

なりやすい人がいる

病院

卵巣がんは女性特有の病です。早期発見をすることで転移することなく元気に過ごすことができます。そのためには病院の検査を年に1回は行なうことが重要でしょう。またなりやすい方もいるため、予防のために把握しておきます。

More Detail

再発を防ぐための心得

病院

がんは、あちこちに細胞が散らばると転移します。この転移はがんを手術で取り除いても続きます。不安の中、術後を過ごす方も少なくないでしょう。がんの転移は術後に行われる定期検査で判明することが多く、その都度、治療をして入退院を繰り返すケースがあります。そんながんも、近年は医療技術の発達で治せる病と言われています。また、術後再発をしないための対策と予防が施される点では心配されるがんの転移もほとんどなくなると言えるでしょう。とはいえ、再発する方もおられますから、万が一発見された時の治療は考えておくべきですから、がんの再発に適した治療は何なのかを知ることが重要です。

がんの再発が認められた場合、自身の体調と転移の状況を見て治療内容を決定します。諦めないがん転移の治療は、一般的に行われる3大治療と、最先端医療を活用したもの、代替治療です。移転したがんに使われる治療は、手術抜きが胃多く、放射線でがん細胞を死滅します。しかし、そこまでひどい転移じゃなければ切除という形で取り除く方が予後が良いと考えられています。さらに体の負担を考慮した副作用の少ない新しい方法から、自己免疫を高めがんを死滅する方法があるため、辛いがん治療にはならないでしょう。費用は若干高くなるものの、辛さを考えれば安く感じます。代替治療は、移転したがんによく効きます。漢方や鍼灸は、疲れや体の疾患を治しますが、がんの進行を抑えるためによく利用されます。さらにアロマセラピーを使用したものや健康食品やサプリを使い、転移の治療を行なう方法も大変有効です。

予後を経過は早期発見

看護師

胆管がんは、見えにくい場所に発症するため、詳しい検査をしないと見つからないことがあります。また発見された場合は、早急に治療をする他ないでしょう。予後の経過もここで変わってきます。

More Detail